口蓋癒しマッサージ銀座・西新宿【フェザータッチ専門店】フットカレスは、口蓋(こうがい)から全身が気持ちよく癒される「口蓋癒しマッサージ」リラクゼーション出張サロンです。

口蓋(こうがい)癒しマッサージは、フェザータッチで、「口腔内粘膜(口の中)」の上顎(うわあご)の部位の「前方部分(硬口蓋:パラタイン喉腺)」と「後方部分(軟口蓋)」を施術いたします。

口蓋癒しマッサージ

口蓋(こうがい)癒しマッサージは、フェザータッチで、「口腔内粘膜(口の中)」の上顎(うわあご)の部位の「前方部分(硬口蓋:パラタイン喉腺)」と「後方部分(軟口蓋)」を施術いたします。

口蓋(こうがい)は、口の中で一番感じる「"最強"の性感帯」です。

口の中に隠れた奥部分にあるので自分で触りやすいです。ですが、他人が触ると感じやすい部位です。

口蓋の意味

口蓋とは、「口の天井部分」という意味です。硬い前方部分(硬口蓋)と、比較的なめらかで軟らかい後方部分(軟口蓋)に分けられます。

  • 硬口蓋:上顎骨の裏打ちがある硬い口蓋の部位になります。
  • 軟口蓋:骨の裏打ちがなく、軟らかい口蓋の部位になります。

口蓋は最強の性感帯

「口蓋(こうがい)」は、「口の中のGスポット」と言われ、口の中で一番感じる「"最強"の性感帯」です。

口の中の奥には、上顎(うわあご)の部位の「前方部分(硬口蓋:パラタイン喉腺)」と「後方部分(軟口蓋)」があります。上顎を舌先で触ったところのこの部位を「口蓋(こうがい)」といいます。

硬口蓋は、「パラタイン喉腺」ともいいます。

パラタイン喉腺

上顎(うわあご)の部位にある口蓋(こうがい)の「前方部分(硬口蓋)」のパラタイン喉腺は、「口の中のGスポット」といわれています。

パラタイン喉腺は、例えば、キスの際に舌先で舐められと気持ちいいですが、更に、「指」で器用になぞるられるとかなり気持ちいいのです。

施術部位

口腔2【フットカレス】

施術部位は、口腔内(口の中)の上顎(うわあご)の部位の「前方部分(硬口蓋)」と「後方部分(軟口蓋)」を施術いたします。

フットカレスオリジナルの「フェザータッチ」で、粘膜向けにアレンジした優しい手技での施術になります。

硬口蓋の部分

硬口蓋の部分は、口腔内(口の中)の上顎(うわあご)の部位の「前方部分」になります。その奥にある「軟口蓋の部分」の手前の部分です。

軟口蓋の部分

軟口蓋の部分は、口腔内(口の中)の上顎(うわあご)の部位の「後方部分」になります。更に、奥にある「喉奥の手前の部分」の柔らかい部分です。

普通のキスでは「舌が届きにくい部分…」です。ですから、確実に届く「指」でなぞるのがお薦めです。

口の中の粘膜部位は性感帯

女性の粘膜部位は、一般的に性感帯が集まっています。

口の中も同じく性感帯があり、口の中の内側は、「膣」などの同じく粘膜で構成されています。

殆どがこの性感帯を愛撫される機会はあまりないと思います。

パラタイン喉腺(口蓋)を刺激する方法

パラタイン喉腺(口蓋)を刺激する方法は、指の腹を上に向けて口の中に入れ、その部分を撫でるように指を左右に動かしながら優しく触ります。(膣内のGスポットを刺激する時のように)

プライベートでのキスでは、口の中のクリトリスである「口蓋」部分の刺激はかなり苦労すると思います。

「軟口蓋」は更に凄い性感帯

口の中の更に奥の上部も実は凄い性感帯があります。

例えば、フェラチオの際に、女性は密かにペニスでこの部分を刺激して感じている場合があります。

特に、「軟口蓋」ぼ部位は、舌の長さがある程度ないと中々届きにくい部位ですら、見逃されてしまいます、、、

そんな時には、「指」を使い優しく丁寧に刺激をします。

施術の際は唾液が出る場合があります

殆どのご利用のお客様は、条件反射的に、セラピストの指を自然に指を咥えてしまいます。

また、唾液が流れ出る場合がありますが構いません。

※何も気になさらないでください。

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ・予約受付時間 24H
営業時間 11:00-深夜28:00(翌4:00)

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください